Bell

会員規約(PROP利用規約)

この規約は、当社とPROPの取得者(以下、「会員」といいます。)の間において、会員がPROPを取得する場合、PROPにURLを関連づける場合、URLを関連づけたPROPを印刷物等に記載する場合、PROPを放送などで伝達する場合、PROPシステムに関する情報を発信する場合に適用されます。

1.PROPポートの利用

PROPポートは誰でも無料で利用できます。

2.PROPの取得

PROPは、4.の場合を除いて誰でも無料または有料で取得できます。

3.PROPの使用取り消しと再取得申請の却下

以下の場合は、PROPの使用を取り消すことがあります。
(1) PROP取得申請フォームの記載事項に虚偽が判明した場合
(2) 4.のひとつに該当することが判明した場合
(3) 5.の注意事項のひとつに違反している場合
(4) 6.の規定に違反している場合
(5) PROPの使用料を支払わない場合
(6) クレームが多発し、改善の意思が認められない場合
(7) その他、当社がPROPの使用を取り消すことが妥当であると判断した場合
※ PROPの使用を取り消された場合は、再度取得申請することはできません。

4.PROPを取得できない方

(1) 反社会的勢力と見なされる団体、および当該団体に所属している者
(2) 5.の注意事項を遵守しない者
(3) 6.に規定するコンテンツをPROPに関連付けようとする者
(4) 過去にPROPの使用を取り消されたことがある者
(7) その他、当社がPROPの取得を妥当でないと判断した者

5.PROPにURLを関連づける際、および当該PROPを記載または音声伝達する際の注意事項

(1) 著作権法その他関連する法令を順守すること
(2) コンテンツ所有者のリンク規定を順守すること
(3) 6.の禁止規定に留意すること

6.PROPに関連付けることができないコンテンツ

以下のコンテンツのURLをPROPに関連付けることを禁止します。
(1) 反社会的団体(暴力団、カルト系集団、テロ組織等)またはこれらに所属あるいは関係する個人が発信するコンテンツ
(2) 他者(個人・団体・組織・民族・地域・国家)に対する誹謗、中傷、差別、権利侵害、名誉棄損、信用棄損、脅迫、攻撃を含むコンテンツ
(3) 偏向的な思想や教義の流布・洗脳を目的とするコンテンツ、およびこれらを行う組織への勧誘を目的とするコンテンツ
(4) マルウェア(ウィルス、ワーム、クラッキングツール、スパイウェアなど)を含むコンテンツ
(5) 詐欺、マルチまがい商法の要素を含むコンテンツ
(6) 法律、法令に反するコンテンツ
(7) 公序良俗に反するコンテンツ
(8) 大多数の者に不快感をもたらすコンテンツ(殺傷シーン、暴行シーン、死体、グロテスクな事物など)
(9) 未成年の健全な育成に支障があると見なされるコンテンツ
(10) リンクが禁止されているコンテンツ

7.PROPの譲渡等の禁止

PROPは、当社が認めた場合を除いて、第三者への譲渡、契約者名義の変更、売買、質権の設定、その他の担保の用に供することはできません。

8.変更の届け出

(1) 会員は、住所、電話番号、メールアドレス、その他当社への届出内容に変更があった場合、速やかに所定の方法(オンライン上の送信、メール等)で当社に届け出るものとします。
(2) 離婚等による姓の変更を除いて、氏名の変更はできないものとします。
(3) 変更届の不備に起因して生じた結果について、当社は一切の責任を負わないものとします。

9.会員によるPROPの使用中止

(1) 会員によるPROPの使用中止とは、URLの関連付けの有無にかかわらず、会員がPROPのレンタル契約を終了することを言います。
(2) 会員は、PROPの使用を中止する場合、所定の方法(オンライン上の送信、メール等)で当社に届け出るものとします。
この場合、当社はすでに受領した使用料等の払い戻しは一切行わないものとします。 (3) 会員が死亡した場合、当社はこれを知り得た時点をもって、使用中止の届出があったものとします。

10.オンライン環境の整備

(1) 会員は、PROPシステムを使用するために必要な通信機器(スマートフォン、パソコンなど)やソフトウェアなどについて、自己の費用と責任において準備するものとします。
(2) 会員は、コンピュータウィルスの感染や不正アクセス、情報漏洩等について、自己の責任においてセキュリティ管理を行うものとします。

11.個人認証情報の管理

(1) 会員は、パスワード等の個人認証情報を失念した場合、直ちに所定の方法で当社に連絡し、指示を受けるものとします。
(2) 会員は、個人認証情報を他者に告知したり、これを使用するサービスの利用を他者に許諾したりしないものとします。
但し、会社、団体等による契約の場合、組織代表者の責任において担当人員を定め、個人認証情報の使用を許諾できるものとします。
(3) 前項の場合、当社は当該担当者からの問い合わせ、あるいは各種手続きの申請があった場合、当社の定める範囲においてこれに応じることができるものとします。
(4) 会員は、個人認証情報の管理について、一切の責任を持つものとします。
個人認証情報が第三者に利用されたことによって、または変更されたことによって生じた結果については、当該会員の故意・過失の如何にかかわらず当社は一切の責任を負わないものとします。

12.自己責任の原則

会員は、PROPシステムを利用して自ら為した行為とその結果について一切の責任を負うものとし、問合せや要望があった場合、クレーム等が通知された場合、紛争が生じた場合、あるいは他者に損害を与えた場合において、自己の責任と費用をもってこれらを処理するものとします。(PROPシステム自体に関する問い合わせ、要望、クレーム、紛争、損害賠償請求の場合を除きます。)

13.規約の変更

(1) 本規約は、会員の了承を得ることなく変更することがあります。 この場合、PROPシステムの使用条件は変更後の本規約によるものとします。
(2) 変更後の本規約は、当社が別途定める場合を除いてホームページ上に公開した時点より効力が生じるものとします。

14.当社からの通知

(1) 当社は、ホームページ上への公開その他当社が適当と判断する方法により随時必要な事項を会員に通知します。
(2) 前項の通知は、当社が当該通知の内容をオンライン上(メールを含む)に公開した時点より効力が生じるものとします。

15.免責

(1) 当社は、以下の各号についてその時点における当社の最大限の対策(バージョンアップ、維持、保守、修復等)を善良なる管理者の注意をもって講じるものとしますが、その責務については免除されるものとします。
① 「当社のサービス等」の内容及び円滑な提供について
② 「当社のサービス等」の完全性、正確性、適用性、有用性用について
③ 会員あるいは第三者が提供する情報等の完全性、正確性、適用性、有用性用について
④ 会員がサーバ等に蓄積した情報等の消失(本人による削除は除きます。)について、または他者によるこれらの情報の改ざんについて
⑤ 「当社のサービス等」を利用して会員が為した行為の結果について
(2) 当社は、規約違反あるいはこれに相当する事由に対する処分について、その履行によって生じるいかなる結果に対しても一切の責任を負わないものとします。

16.個人情報

(1) 当社は、別途ホームページ上に掲載する「プライバシーポリシー」に基づき、会員の個人情報を適切に取り扱うものとします。
(2) 当社は、個人情報を以下の目的の範囲内で利用します。
① 当社の活動やPROPシステムの利用において本人を特定する場合
② 各会員に適したサービスや情報等を案内する場合
(3) 当社は、本人の承諾を得ることなしに個人情報を第三者に開示、提供しないものとします。
(4) 当社は、以下の各号により定められた範囲内で個人情報を開示、提供することがあります。
① 刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜査・検証)その他同法の定めに基づく強制的な処分が行われた場合
② 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第4条(発信者情報の開示請求等)に基づく開示請求の要件が充足された場合
③ 当社が、人の命、身体、財産に差し迫った危険があると判断した場合
(5) 会員は、PROPシステムを利用して自身の個人情報を公開する場合、12.の「自己責任の原則」ならびに15.の「免責」③④が適用されるものとします。

17.通信の秘密

(1) 当社は、電気通信事業法第4条に基づき、会員の通信の秘密を守るものとします。
(2) 当社は、以下の場合、前項の義務を負わないものとします。
①刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜査・検証)その他同法の定めに基づく強制的な処分が行われた場合
②特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第4条(発信者情報の開示請求等)に基づく開示請求の要件が充足された場合
③当社が、人の命、身体、財産に差し迫った危険があると判断した場合

18.専属的合意管轄裁判所

会員と当社の間で訴訟の必要が生じた場合、大阪地方裁判所を会員と当社の第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

19.準拠法

本規約は日本法に準拠します。

20.附則

本規約は2015年5月25日から実施します。